×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職理由をはっきりさせる目的

転職理由は転職を決意するにあたって、はっきりとしておかなければならないでしょう。今の仕事を辞めることが自分のためになると確信するためにも、新しく仕事を探すためにも重要なことです。何となく転職を考えているというような人は就職活動もなかなかうまくいきません。転職を考えている人はたくさんいますがそういう人が多いのも事実です。

結果的に仕事を辞めたことを後悔することになるかもしれません。転職理由は退職理由に繋がりますから、辞めてしまってから転職理由を考えていては遅すぎます。退職を決める前に、現在の職場環境を再度見つめ直しすことをおすすめします。自分の中で何が転職理由なのかをはっきりさせるためにも、今の状況を分析してみましょう。

そうすることで問題を解決する方法が見いだせて、仕事を辞めなくてもよくなるかもしれません。転職理由をはっきりさせることが上手な離職、上手な転職をするための第一歩だといえます。転職理由が自分を納得させることができないものでは、面接官にわかってもらうことはできませんし、家族の反対に遭うこともあるでしょう。

目標に進む計画をしっかり立てて、動機を見定めて目標をはっきりさせてから新しいことを始めることが大切なことではないでしょうか。転職理由は就職活動をするためだけに不可欠なものではありません。自分が将来どうしたいかを見極めるための指針として活用していかなければ意味がないのです。

関連サイト


転職活動の転職理由と実際の理由

前向きな転職理由、肯定的な転職理由の方が就職活動においては、後ろ向きな転職理由や否定的な転職理由よりも望ましいこととされています。実際問題として心の底からプラスのみの転職理由で仕事を辞める人はどれほどでしょう。別な会社で自分の力を伸ばしたいだけで、今の会社には不満な何もないと心の底から思って言える人はほとんどいないのではないでしょうか。

「残業が多くて仕事がきつく体が保たない」「会社の人間関係がうまくいかない」などが一般的に仕事を辞める理由の上位を占めるようです。しかし転職活動では、前向きな転職理由が求められるようです。かといっていわゆる後ろ向きな理由である、給料が安い、嫌な上司がいる、仕事がきついといったようなことで辞めることはよくないという訳ではないのです。

自分の中で転職理由をはっきりさせないで、今の環境をとにかく脱出したいという一心で会社をやめてしまうことは問題があるのではないでしょうか。これでは新しい仕事を探す際の参考になりません。新しい仕事に転職理由を明確にできないままついたとしても自分自身のために良いとはいえません。

そのような状態では同じような状況にいつの間にか陥りがちだといえるでしょう。転職活動でのべる転職理由はどうあれ、実際に仕事を辞める際の転職理由は後ろ向きでも逃げでも構わないのではないでしょうか。転職活動で重要なことは、その転職経験から何を得るかなのだといえるでしょう。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 転職理由 All rights reserved.
- ホームページSOS -